10月10日の備忘録

考えたことを箇条書きでもいいからメモしたい気分なので、ちょっとばかり

 

・持ちはじめると捨てたくなる自分の性分はなんなのか。それは主に人との関係性や信頼など。自分が相手に持ったものというより、相手から自分に持たれると捨てたくなる。しかもほとんど意識せず、気が付いたら捨てたり壊したりしていることも多い。

 

・心の病からの回復とはなんなのか。病んでいた過去とそうでない現在は違う種類のものなのか。心を病むとは自分がまるっきり自分でなくなることなのか、回復したら病んでいた時とは違う自分になるのか。あとは、まだしんどいことが多そうな人を見ていて湧き上がる感情と、回復の途上であろう人を見ていて湧き上がる感情の、処理のしづらさ。その人をしんどいとか途上とか見定めている、私の視線。

 

・キャリアカウンセラーの人が使うバリューカードというものを自分で作って自分でやってみた(カードに記載される価値観はネットで見つけたものを引っ張ってきた)。大切なもの順に、多様性、公共性/公益性、自立性、社会的評価。多様性がそのまま存在できる社会の実現を目指すことが公共性/公益性であって、そのためには自立性や社会的評価が大事という俺ルール俺理論が完成。いかにも私っぽい。

 

・ここまで書いて、病んでる人が社会的活動に目覚めたみたいな感じだな、と思ったけど、そうやって自嘲モードに入ることこそ、病んでるよりよっぽどいかんなと思う。

 

ちょっと眠たいけど、このあとは勉強しよう。