考えたこと

「子供の領分」という曲

ドビュッシーの「子供の領分」という曲が好きで、ピアノが弾ける環境にいた時には自分でもよく弾いていた。今はピアノが無いので、手持ちのCDを聴いたり、YouTubeに好みの演奏がないかたまに検索したりして楽しんでいる。 今日はYouTubeを検索してiいたら、…

真の当事者はどこにいるーあるいは、語れる当事者と「劣化する支援」について

先日、今年の2月24日にfacebookに公開投稿した文章に久しぶりにいいねが付いていた。半年を経て再会した自分の文章は、もう一度自分の中で考えてみるべきことだなと思ったので、ここに転載してみる。いま読み返すと、付け足したい点や注釈をつけたい点がいく…

子育てって、疲れ程度で頼れる先は無いんだなと思った

保育園に通い始めた娘は、しょっちゅう風邪をひく。ちょうど母親からの免疫がなくなって感染の心配が出てくる頃に保育園生活が始まったこともあり、毎週のように色々なタイプの風邪をもらってくる。 思い返せば、5月は慣らし保育の完了まですごく時間がかか…

働けるかな

仕事や経営に関する話を読んでいた。なるほどなーと思いながら、ふと思う。私、このあと働けるのかなーと。 はじめてアルバイトをしたのは16歳だった。近所のクリーニング屋の受付だった。当時はもうフリースクールに通っていて、高校生よりは時間の融通が利…

心や感情に悩む母親たちの自助グループをやりたいと思った話

私は精神疾患を抱えながら日々を暮らしている。昨年の夏に子どもが生まれ、おおむね楽しく生活はしているものの、育児や家事の忙しさからストレスも溜まるし、軽快していた病状も産後また不安定になった。「初めての育児はみんな大変だし、みんなめちゃくち…

「私」の分断

分断されている、というのは、良い意味では言わない。それが国際的な問題なら、「世界が分断されている」と言う。国内の社会問題であれば、「社会が分断へと向かうことを懸念する」なんて言う。 でも、分断というなら、個人の中でだって起こっていることだよ…

変わりそうであまり変わらない、でも少し変わっていく自分

辛そうで辛くない少し辛いラー油みたいなタイトルになってしまった。 昨年末に、妊娠していることがわかった。積極的に望んでバッチリ計画的に妊娠したわけではない。精神科で処方されるような薬はもう飲んでいなかったし、調子も昔に比べたらかなり安定して…

どこにも行けないということ

しばらく書かなかったブログをぼちぼち再開しようと思う。 夫がインフルエンザにかかってしまった。2月にも夫婦でA型のインフルエンザにかかっているので、今シーズン2度目だ。私ももらってしまうかなと思っていたのだけれど、3日以上無事なのでどうやら大丈…