変わりそうであまり変わらない、でも少し変わっていく自分

辛そうで辛くない少し辛いラー油みたいなタイトルになってしまった。

 

昨年末に、妊娠していることがわかった。積極的に望んでバッチリ計画的に妊娠したわけではない。精神科で処方されるような薬はもう飲んでいなかったし、調子も昔に比べたらかなり安定していたけれど、「そろそろ子どもが欲しい」と考えたわけではなかった。そうなったらそうなったで、それも有りかくらいに思っていたら、妊娠がわかった。仕事のことでえらく落ち込んだりした後だったので、ちょっと嬉しい思いもあった。自分としては、「嬉しい」ということが意外なような、当然なような、不思議な気持ちだった。

 

子ども時代にしんどい思いをしていたり、精神疾患があるとかメンタルの部分に不調や不安があるとか、そういう人の中には、子どもを持つことについて慎重な考えの人が少なくないと思う。私もまさにそれで、子どもを産み育てることへの憧れとか希望みたいなものが、ものすごく希薄な状態で生きてきた。まず想像がつかなかったし、「虐待しちゃったらどうしよう…そこまでいかなくても自分のせいで子の気持ちを傷付けたらどうしよう」「私なんか精神の方も体の方も調子悪いのに、その性質を引き継がせちゃったらどうしよう」「何も問題なく健康に産まれてくると限らないんだから、病気や障害があったとして育児やケアの負担に耐えられるだろうか」「特に問題なく健康だったとしても、人より色々弱いんだから産後うつとか大丈夫だろうか」等々、考え始めるとキリが無い。自分が大変な思いをすることよりも、それにより子どもにマイナスの影響を与えるというのが、本当に嫌だったのだ。

 

考えるほどに嫌になってくるし自己嫌悪スパイラルに突入してしまうので、あえて考えないようにして生活してきたというのが正しいだろう。考えていなかったのだから、憧れや希望以前の話だったのだ。

 

ところが、産婦人科を受診して妊娠がわかり、あの白黒のエコー画面を見つめると、不思議なことに嬉しかった。これまでに想像しまくってきた嫌なイメージが、咄嗟には湧いてこない。ああ、嬉しいものなんだと気付くと、そう素直に反応できた自分についても嬉しいという、めんどくさい嬉しさなのが、少しおかしかった。

 

受診した産婦人科クリニックは不妊治療も手掛けるところで、みんなが受付で母子手帳を取り出すような場所ではなかった。だから、もらったエコー写真は診察室を出る前にバッグにしまい、これと言って特徴の無い表情をしながら待合室に戻り、静かに会計を終えて、外に出た。たまたま夫の仕事が休みの日だったので、車で迎えに来てもらうために連絡をし、冬の冷たい空気を吸い込みながら、考え事をした。病院なので何人も人が行き来する。私より若い女性も年上の女性もいるし、それぞれの理由でここに来ているのだろう。少し離れたところでタバコを吸いながら遠くを見ている男性は、さっきまでクリニックにいた人だ。不妊治療をしているところだから、男性も来るよなぁ。きっとみんな、色々ある。そんなことを考えながら、夫の車を待つ。そして、あれこれ考え事をする自分が、妊娠がわかる前の自分と同じ自分なのだと気付いた。

 

これからの自分には、妊婦とかプレママとか、呼称はともかく今までにはなかったラベルやカテゴリーが付いてまわるようになる。産後ならママとか母親になり、その期間は長い。新しいラベルの持つ重さを考えると、どうも構えてしまいがちだけれど、自分の根本的な部分は特に変わらないのかもしれないなと気付くと、あまり仰々しい捉え方をする必要は無いのだろうと思った。もちろん、様々な経験がもたらす変化はあるだろうけれど、何か見知らぬ別の自分に成り代わるわけではなく、頼りなく惑う自分も案外図太い自分も、そのまま持ちながら少し変わっていくのだろう。到着した車に乗り込み、そんなことを考えながら待っていたよと夫に告げると、「そっかそっか」と夫も穏やかに話を聞いていた。

 

あれから5か月が過ぎ、体調の面でそれなりに苦労しながらも、変わりそうであまり変わらない、微妙な感じの自分を経験し続けている。

 

母親という存在であることに纏わりつく重さは、外側からやってくるものと内側からやってくるものがある。外側からやってくる社会的な要請やその重圧については、分析して批判的に考えることが出来るし、変えられないとしても気持ちの面での対処はしやすい。厄介なのは内側からやってくるものだ。自分自身がとらわれている様々なべき論や複雑な感情というのは、私のこれまでの個人的な体験に紐付けされているので、他者と共有しづらい。きっと、これからも苦労しながら向き合ったり、時にやり過ごしたりしていくことになるのだろう。

 

身体も精神もどっちも不調だと思っていたら、妊娠出産についてもその後の育児についても、しっかりハイリスクな方に区分されてしまった。でも、そのおかげで医療をはじめとしたサポートには、今のところ恵まれている。「はーー勉強になるなー」と思いながらも自分でも苦労するという点で、やっぱり私は変わらない。自分と子どもと夫の生活を良いものにしていくために変わっていくのは歓迎なので、その変化を楽しみたいと、今はそう考えている。

2017/2/17の備忘録

落ち込んだりバタバタしたり落ち込んだり忙しかったりして、なかなかブログを書けないのが悲しい。続かないことに落胆してやめたくなるという、馬鹿みたいな癖を直したいので、間が空いても続けたい。続ければ、続かないことに落胆もしなくなる。

 

以下、メモ的に。

 

・最近、SNS上で「ソーシャルワークとは?」というような話題を何度か見かけた。大学教員の方や社会福祉の現場に出ている方が議論の中心だったので、亀の歩みで勉強を始めたばかりの私は「へぇー」と読むくらいしかできない。が、過去に困って誰かに助けてほしかった当事者の私がついつい出てきてしまい、お呼びじゃないのは分かっていても余計なことを言いたくなってしまう。というか、一回だけ言った。「相談したかった時にはソーシャルワーカーに会えませんでした。姿が見えない」と。恨み言が出てくる私は修行が足りない。

 

・そしてこう思った。姿が見えない(存在すらよく知らない)、顔が見えない(いることは知っていても、紹介もしてもらえないし自分が相談していいとも思えない)、そう思ってきたものになろうとしている私は、一体何になりたいんだろうと。

 

・時を同じくして、私と一緒に通信制で勉強中の夫が「ここまでして取りたい資格だろうか、社会福祉士…」とこぼしたことがあった。夫もまた、仕事を通じて会ったことはあるけど、それ以外の生活で出会ったことは無さそうだ。ソーシャルワークソーシャルワーカー、なんでしょう。もっと勉強を重ねて見えてくればいいなと思う。

 

・またしばらくバタバタした時間が続く。それが落ち着いたら、もう少し、書いてみたいことを書けるようにしたい。

「長野県子どもを性被害から守るための条例(仮称)骨子(案)」に意見を送りました

パブリックコメント的なことをしました。

これです↓

「長野県子どもを性被害から守るための条例(仮称)骨子(案)」へのご意見を募集します/長野県

 

長野県は全国で唯一、青少年健全育成条例のようなものがない自治体で、これまでは住民運動(県民運動と呼ぶ)や関連する事業者の自主規制、あとは啓発活動などで青少年の健全育成をやっていました。ちなみにこういった条例が扱うのは、「18歳未満への淫行は処罰の対象ですよ」とか「深夜外出はダメですよ。店とかも注意しろよ」とか「有害図書ダメですよ」とか、そういった内容。

 

条例は作らず地域ぐるみで取り組むこととしてやってきた、長野県の青少年健全育成。これは素晴らしいことだと思いますし、実際に有害自販機を減らす働きかけなどでは、成果を挙げてきたそうです。しばらく空き家だったところを借りている我が家の玄関にも貼ってあります、「有害自販機NO宣言!!」のステッカー。

 

ですが時代の移り変わりもあり、ネット経由で悪い大人と知り合いになった子どもが性暴力の被害に遭うなど、従来のやり方では対処できない問題が増えてきた…というのが上の条例を作る動きに。特徴的なのは、健全育成という言葉を使わず、また有害図書規定などは設けず、子どもの性被害防止に焦点を当てた内容だということです。

 

条例の制定の是非ついては、微妙に揉めています(理由はいくつかあるけど省略)。私自身は条例をつくることについてはほぼ賛成なので、是非を問うような意見は書きませんでした。言いたいことは書ききったので、送った内容をそのまま掲載します。

 

私は、県内在住で子どもの頃に性被害に遭った経験のある当事者です。条例制定については概ね賛成していますが、「性被害」という言葉の使用について意見いたします。

 

「性被害」という表現は、子どもが身体的・精神的に被害を受ける状況において、必ずしも暴力が伴わないケースも存在することから、「性暴力被害」という言葉では実態を正確に捉えきれないということで、慎重に選ばれた言葉なのだろうと推察しています。英語圏では「sexual abuse(性的虐待)」という語が一般的ですが、日本において性的虐待と言った場合には、一部の特殊な家庭内で起こるレイプ等の児童虐待を想像されることが大半です。性的虐待=強い者が弱い者へ力関係を濫用して行う性的行為である、という意味が広く一般に共有されていない以上、性被害という表現を採ることはやむを得ないとは思っています。

 

ですが、今後設置が検討されている「性被害者のためのワンストップ支援センター」など、被害者支援の施策においては、「性被害」という言葉の使用を今一度、慎重に議論して頂きたいです。特に「性被害者」という表現は、ともすれば被害者の性そのものが毀損されたような印象を与えかねません。また、性暴力という、力関係を濫用した暴力と権利侵害により被害が生じているという事実を、曖昧なものにするのではと感じています。

 

性暴力被害者のワンストップ支援センターは、条例の関連施策として設置が進められていくのでしょうし、そのこと自体に異存はありません。ですが、条例との関連を示すために字句を揃えるように、「性被害」「性被害者」という言葉を何の検証も無く使用することはやめて頂きたいのです。性暴力被害者の支援は条例制定を補強する材料ではなく、真に被害者の助けや支えとなるものであるべきです。少しの言葉の違いではありますが、言葉により人の意識や理解は変わるものです。全国のワンストップ支援センターが「性暴力」という言葉を使用するのも、名称が持つ啓発の意味合いを重視しているからではないでしょうか。

 

私は子ども若者支援の活動にも参加しており、知事や関係部局の皆様が子どもの支援に関心を寄せ、当事者を思いご尽力されている様子も見てきました。ですからどうか、被害を受けた当事者の視点に立った政策の展開をお願い致します。

 

 

過去に何度か、そして子どもの頃にも性暴力の被害に遭ったことがある者として、「性被害」「性被害者」という表現がどうしても引っ掛かりました。適当に「欧米では~」みたいな話もしていますが(いや一応CNNとかロイターのサイトを日本語と英語で検索したり、CiNiiで論文検索して表記の違いを眺めたりしてみました)、ハッキリしたことが言えないので、慎重に議論してほしいという書き方にしました。パブコメとして効き目のある内容なのか微妙なところですが、自分の気持ちとして書かずにいられなかったのです。

 

力関係の差を用いて不当にだれかを利用(それは精神的にも肉体的にも)することは暴力だと思うんですけどね。そこに殴る蹴るが介在しなくても。DVだってバイオレンスという言葉が入っていて、恫喝や交友関係の制限や経済的な制限もDVなんですよというのは知られてきているはずだけど、略語にしちゃうとバイオレンスが忘れられやすいのか、暴力と関連付けしにくくなっている気がします。

 

ほんとは暴力だし、虐待だよ。字面や響きがどギツくなくて使いやすい言葉は、行為の持つ暴力性や不当さを薄める。それは嫌だな、と思っています。

どこにも行けないということ

しばらく書かなかったブログをぼちぼち再開しようと思う。

 

夫がインフルエンザにかかってしまった。2月にも夫婦でA型のインフルエンザにかかっているので、今シーズン2度目だ。私ももらってしまうかなと思っていたのだけれど、3日以上無事なのでどうやら大丈夫なようだ。夫はなかなか熱が下がらない。

 

もし感染していたらマズいというのもあるが、置いてきぼりは可哀想なので、私もずっと自宅にいる。仕事は在宅でやっているし買い物はネットスーパーがあるしで、外出しないでも生活は成り立つ。ただ、よく晴れた暖かな陽気の日もずっと家にいるというのは、なんとなく寂しく、つまらない。今日も鉢植えに水をやるために庭に出た以外は、ずっと家の中だ。外は春らしく、少し街の方まで下りれば桜も満開のはずだ。でも、行かない、行けない。

 

このどこにも行けない時の気持ちは、経験がある。精神科病院に入院していた時の気持ちに似ているのだ。入院の経験は何度かあるので、その時々によって開放病棟だったり、閉鎖病棟だったり、保護室だったり、過ごした環境も状況も違う。そもそも今だってその気になればどこに行ってもよいのだから、医療保護入院という自分だけでどうするか決められない状況で保護室にいた時とは、まるっきり話が違う。

 

似ているのは、外の世界の時間の流れが自分とは隔絶したもののように感じるという、疎外感だ。実際どこに行けるとか行けないとかではなく、季節の移り変わりや世の中の流れの中に、自分はいないという感覚。満開の桜も、誰かとのお花見も、そこで好きなものを食べることも、賑やかな雰囲気の中で自分たちの会話をすることも、自分とは関係ない出来事のような。たぶん、そんな感じのことが似ている。

 

あと2,3日もすれば、夫も回復し、私もインフルから逃げ切ったということで、日常に戻っていくのだろう。ちょっとばかり不自由で寂しい生活は、すぐ終わる。

 

どこにも行けないという気持ちは、今の私には非日常のものとなってしまった。でもそれが日常だったことが、確かにある。保護室閉鎖病棟のような少し珍しい環境に居た時に限らず、そういう気持ちが持続していた時期があった。精神の病気でなくたって、同じような気持ちになる状況というのもあるだろう。どこにも行けないということは、珍しいことではないのかもしれないのだ。ただ世の中は、誰もがどこにでも行けるという前提があるかのように動いている。

 

この感覚はなんとなく忘れないでおいたほうがいいなと思ったので、ここにメモ。

10月27日の備忘録

・どうしても引っ掛かってしまうこと、気持ちが揺れてしまうこと、心がざわざわすること、そういうのは多分自分にとって大事だったり重要だったりすることなので、邪険に扱わないようにしようと、あらためて感じた日。直視するのが辛ければ、箱に入れてふたをしてしまっておけばいい。捨てちゃえ、忘れちゃえ、ではなく。

 

・他のことで忙しくて勉強が進まない日が続くと、焦燥感で変な調子になることがわかった。一日のノルマ分をこなせると、落ち着く。落ち着くから余裕が出て、ブログを書いたりも出来る。

 

・今日は、正直な思いをつづったら思わぬ人から共感をもらうということが何度かあった。そういうちょっとした嬉しいことは、大事にとっておこうと思う。

 

・ニュースを見れば過去のトラウマを刺激されるような話題があり、SNSを開けば自分の繊細な部分に刺さるような言論がある。ちょっと気分が沈んだり、揺れたりする出来事は毎日の中にたくさんある。でも、私は私でなんとか日々を過ごしていて、それなりにシャキッと元気にしていたり、楽しくしたりしている場面もある。だから、きっと大丈夫なんだろうなと思う。何にも揺れない、沈まない日々は来ない。揺れたり沈んだりしても、元に戻ろうとする力があればよい。そこそこ楽しい瞬間があればよい。

 

・こういうの全部がたぶん希望ってことで、これを体感していく過程が回復していくってことなのかなと思う。正解かはわからない。わからないから、毎日を続けていく。

10月10日の備忘録

考えたことを箇条書きでもいいからメモしたい気分なので、ちょっとばかり

 

・持ちはじめると捨てたくなる自分の性分はなんなのか。それは主に人との関係性や信頼など。自分が相手に持ったものというより、相手から自分に持たれると捨てたくなる。しかもほとんど意識せず、気が付いたら捨てたり壊したりしていることも多い。

 

・心の病からの回復とはなんなのか。病んでいた過去とそうでない現在は違う種類のものなのか。心を病むとは自分がまるっきり自分でなくなることなのか、回復したら病んでいた時とは違う自分になるのか。あとは、まだしんどいことが多そうな人を見ていて湧き上がる感情と、回復の途上であろう人を見ていて湧き上がる感情の、処理のしづらさ。その人をしんどいとか途上とか見定めている、私の視線。

 

・キャリアカウンセラーの人が使うバリューカードというものを自分で作って自分でやってみた(カードに記載される価値観はネットで見つけたものを引っ張ってきた)。大切なもの順に、多様性、公共性/公益性、自立性、社会的評価。多様性がそのまま存在できる社会の実現を目指すことが公共性/公益性であって、そのためには自立性や社会的評価が大事という俺ルール俺理論が完成。いかにも私っぽい。

 

・ここまで書いて、病んでる人が社会的活動に目覚めたみたいな感じだな、と思ったけど、そうやって自嘲モードに入ることこそ、病んでるよりよっぽどいかんなと思う。

 

ちょっと眠たいけど、このあとは勉強しよう。

 

公共性と参加の話

中卒31歳ですが、通信制大学の特修生という制度を使って勉強をはじめました。楽しいです。このカテゴリでは、勉強しながらあれこれ思い浮かんだことを書いていこうと思います。忘れないうちに。

 

社会学をやっていたら、ハーバーマスの名前が出てきて思い出した話。

 

春に義理の父が亡くなった後のこと。義父は研究者をやっていた人だったので、大量にある本を整理するため、義母と夫と私で、とりあえずどんな本がどれだけ残されているのかと大学の研究室を訪れました。

 

基本的に3人とも本が好きだし、いかにも義父の蔵書だなというテーマ(哲学とか社会学とか)も好きなので、いつの間にか「自分の手元に残したい本を選ぶための立ち読み大会」になりました。「これは私もらうわ」「俺これ持ってくよ」などと選定作業をしていたら、ふと夫が「あ、そっか」と何かに納得したようなつぶやきをしました。その時に彼が手にしていたのがハーバーマスの本。

 

まず、それを思い出したのがひとつ。ああ、義父の本、もっともらっておけばよかったかもしれないとか、そんなことも思いつつ。

 

その後、夫に「何が『あ、そっか』だったの?」と聞きました。その時住んでいた熊本をドライブしていて、たしか長洲町あたりを走っている時のことです。ハーバーマスのこと知ってる?と聞かれたので、名前しか聞いたことないと私。すると夫が、「この人は、昔のヨーロッパのカフェとかで立場関係なくいろいろな人が議論できるようなのを、いいじゃん理想じゃん公共性じゃんみたいに言ってた人でー…」と説明。「それが、あ、コワーキングスペースってこういう感じなのかなと思ったから、あ、そっかって」。

 

私たち、そんなにたくさんのコワーキングスペースに行ったことがあるわけではないのですが、たまたま今住んでいる上田市コワーキングスペースと関わりがあって、以前上田に住んでいた時からたまに訪れてました。そこはわりと業種も年齢も関係なくいろんな人が来るところで、若くてシャレオツな横文字職業の人しかいない、という場所ではないので、ああ、確かにそういうところはあるのかもねー、なんて話をしました。これが思い出したこと2つめ。

 

その後はもう話がそれて、「みんなが自由に議論できる場がある公共性って言ったってさ、みんなが議論が得意なわけじゃないし、話すことに困難を抱えてる人とか、参加することができない人のことはどうすんだろうね」みたいな話を、二人でぽつぽつしていました。私たちは自己責任論とか個人に背負わせる話が好きじゃないので、どうしてもそういう、参加出来ない状況の人はどうするのかという話になります。あと、そもそも参加したくない人はどうすんだ、とか。

 

そんな話をして、長洲町から荒尾市に入ったでしょうか。これが思い出したこと3つめ。

 

公共性とか、もっとざっくりしたコミュニティとか地域とかの話でもいいんですが、こういう分野って、参加できる人・できない人の問題をどう考えているものなんでしょうね。いつも気になってモヤモヤしつつも、論じてるものに出会えていません。私の探し方がダメな可能性も高いので、そのうち行きあたるかもしれないのですが。

 

こうやってあれこれ思い出して考え事をしながら勉強するので、いつも進みが遅いです。でも、引っ掛かることは大事にしておいたほうがいい気がして、今日から書き残しておくことにしました。おわり。